トイレのつまりは業者に依頼しよう

トイレのつまりを解決するためには、水回りトラブルの専門業者に依頼しましょう。365日24時間、いつでも緊急で解決してくれますが、費用は案外高いですから、無料見積もりをしっかりと行いましょう。また、実際にトイレの状態を見に来てくれますが、その段階での出張費用などは無料のところも多いでしょう。トイレを見てから費用を教えてくれますので、納得ができなければ他社に依頼することも可能です。

トイレトラブルを専門に請け負っている業者もあるようです。やはり、専門的な知識と技術力がある業者に依頼したいですよね!せっかく出張見積もりをお願いしても、すぐに来てくれないようなところは避けたいです。トイレが2つ以上あるのでしたら平気ですが、一般的には1つだけのことが多く、短時間でもトイレが使えなくなると問題ですよね。

電話でお願いをして、20分~40分程度で駆けつけてくれる業者にお願いしてみましょう。その際ですが、インターネットから問い合わせをしたり、申し込みをすると初回限定で数千円の割引があったり、クレジットカードでの支払いも可能など案外と柔軟に対応してくれます。他にも、「水道救急センター」のサイトに掲載されてありましたが、この業者ではクレジットカード払いが出来るだけでなく、Tポイントカードで支払いもでき、Tポイント付与もしてもらえるようです。

お会計は、現金・クレジットカードその他の方法で可能です。
Tポイントもご利用いただけますので、お持ちの方はTカードを提示下さい!

さて、一般的なトイレのつまりの解消法をお伝えしましたが、もしも公団住宅にお住まいであれば、公団が費用を負担しますし、修理屋も呼んでくれます。無駄な自己負担には気をつけましょう。

専門業者は値が高い?

トイレのつまりの原因が究明できずに、自分でもラバーカップを使ってみたけれども全く直らない、水が余計に増えてしまったなどという場合には、最終手段としてトイレのつまりを直してくれる業者に依頼するしかありません。自宅のポストにはトイレなどの水回りのトラブルを解決しますという業者のチラシが入っていることが多くあります。そのチラシに電話してみるのもいいですが、そのまえにインターネットで見積もりをしてみることをおすすします。

水のトラブルを直すのに業者を呼んだけれども、実際にトイレを見てもらったら、追加料金が跳ね上がり、とんでもない金額を請求されることも多くあるようです。業者を呼ぶわけですから、出張費や駐車場代が費用にプラスされることもあります。トイレの種類により部品が違いますので、そこで追加料金が更に上乗せされて、結局のところ、はじめの見積もり額が1万円だったのに、3万円はかかりますよと突然言われても困りますよね。

24時間いつでも呼んでくださいと書いてあるけど、夜中に呼べば深夜料金も加算されるでしょう。このように水回りのトラブル専門業者はおもいのほか費用がかさむのが一般的です。トイレのつまりは早く直したいけれども、気になるのはその費用ですので、いくつかの業者に確認してみてください。

トイレのつまりの対処法

「自宅のトイレが詰まってしまった!」こんなときどうすればいいのでしょう。トイレのつまりを解消するための対処法をお伝えします。トイレのつまりの原因は一体なんでしょうか?ものを落としてしまって、そのまま水を流してしまいましたか?それとも故意にトイレの中にゴミを入れてしまいましたか?そういう原因でトイレが詰まってしまうのは自業自得です。

トイレは、ゴミ箱ではありませんので何でもかんでも捨ててしまうのは大問題です。トイレに流していいのは、トイレットペーパーと流せるタイプの掃除用シートと排泄物だけです。トイレのつまりですが、トイレットペーパーなど水にとける素材のものを入れ過ぎてしまいなかなか流れてくれないこともあります。このようなときには、少し時間をおいてみましょう。

もともと水に流れるものですので、時間が経てば溶けてくるでしょう。それでも難しいようであれば、ビニールの手袋や割りばしを使い、今溜まっているトイレットペーパーや掃除用シートを取りのぞきましょう。ビニール袋に入れて一般ごみとして処分することをお薦めします。

つまりを直す方法がいくつかあります。50度くらいまでの湯を使い、流すという方法もありますが、便器の材質によっては割れてしまう恐れもありますので、あえてこの方法を選択肢に入れるのはやめておきましょう。やはり、昔ながらのラバーカップは、そんなに出番はありませんが、家に置いておいても損はないでしょう。